FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないモノ

ある男が酒場で言いました

「俺は過去のことを何でも知っている。」

酒場の人々は昔起こった事件について男に聞きます

その全てに彼は正確に答えました



あるとき男は言いました

「俺は未来が視えるんだ。」

彼は酒場の人々に向かって様々な予言をします

そして、それらは全て当たりました


さて、彼に視えないモノはあるのでしょうか




ある日俺は酒場で語った。

「そうは見えないかもしれんが、俺はS大学出身だ。」

S大学というのは、俺の住む国で最も入学が難しいと言われている大学だ。

「本当かよ?」

酒場にいたやつらが疑うから、彼らに問題を出させた。そしてそれら全てに答えた。
驚く姿を見て俺は満足した。その後、大学での功績に着いて話した。

またある日、俺は語った。

「俺には大きな夢があるんだ。」

大学での功績を活かして発明・発見を行うのだ。
人々はその壮大な夢の話をなぜか冷ややかな顔をして聞いていた。

そのまたある日、いつものように俺は語っていた。
すると、女の子は言った。

「いい大学を出て、大きな夢もあるのに、どうしてそんなに汚い服を着て昼間からお酒を飲んでいるの?」

無邪気な女の子の問いに、酒場の人々は嘲笑した。俺は恥ずかしくなり、黙って酒場を出た。


何日か経った後、俺は別の街の酒場で功績について語った。




ある日、酒場の老人が言いました

「君は投資を始めたら儲かるんじゃないかね?」

男はそれはいい考えだ、と投資を始めました


彼が投資に成功するはずがありません

だって

彼はいくら過去にもの知りでも

未来が視えても

現実が見えていないのですから

おそらく今ごろ

彼は投資と彼の能力について

別の酒場で語っているでしょうね

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

疾風ロケット

Author:疾風ロケット
疾風ロケットです!
このブログでは、東方の二次小説を書いていきたいと思ってます。まったりと書いていくのでよろしくです。
今は東方永夜抄のスペルカード集めをやっています。(ラストワードムズい・・・)
こんなダラダラ学生のブログですが、ちょくちょく小説を読みにきていただけると嬉しいです。あ、読んだらコメントくださいね?

リンクフリーです。どんどんリンクしてください!

P.S.
好きな東方キャラは諏訪子と咲夜さんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。